弁護士法人 古川・片田総合法律事務所

労災事件過労死は、専門の弁護士におまかせください。

お問い合わせは 0120-86-3410 大阪 事務所 三条河原町 事務所
  らくさい桂 事務所
労災・過労死の専門弁護士

弁護士紹介解決までの流れ弁護士費用よくあるご質問お問い合わせ事務所案内

お問い合わせは 0120-86-3410
 

メインメニュー

お問い合わせは 0120-86-3410
 

おまかせください

お問い合わせは 0120-86-3410
 

お役に立ちます

お問い合わせは 0120-86-3410
 

QRコード

HOME»  弁護士紹介

弁護士紹介

古川 拓
 
片田 真志
 
日野田 彰子
 
三上 侑貴
             
             
             

代表 弁護士  古川 拓   Taku Furukawa

【経歴】   代表 弁護士 古川 拓
昭和51年(1976)

平成16年(2004)

平成20年(2008)
平成26年(2014)
京都府長岡京市生まれ
洛星高校、京都大学経済学部 卒業
弁護士登録 (登録番号 31548)
大阪市内の法律事務所にて勤務
らくさい法律事務所 (現 らくさい桂 事務所) 設立
弁護士法人 古川・片田総合法律事務所 設立、代表に就任
   
【資格・役職】  
経済産業省 中小企業庁 経営革新等支援機関 (2013年 4月 認定)
生活協同組合連合会コープきんき事業連合 員外監事 (2015年 6月~)
社会福祉法人 あらぐさ福祉会 理事 (2015年 5月~)
   
【所属】  
過労死等防止対策推進全国センター 常任幹事
過労死弁護団全国連絡会議 所属
   

弁護士からの一言

これまで、過労死・過労自殺をはじめとした「労災事件」を中心に、命と健康の問題に数多く取り組んでまいりました。

労災の問題に取り組んでいていつも実感するのは、多くの場合、労災問題に詳しい弁護士が取り組むかどうかで、獲得できる結論が大きく異なってくるということです。

また、労働問題一般に詳しい弁護士であっても、必ずしも労災問題には詳しくなく、残念な取り組み方がなされていることも少なくありません。

そうした中で、ご本人や家族のために、正当な補償を実現できるよう努力と研鑽を積んでまいりました。

「証拠がない」など、一見すると絶望的な状況であっても、あきらめずに知恵と工夫をこらしていくことで、たくさんの認定や判決などの成果を上げてまいりました。

「熱い想い」と「ねばり強い行動力」を大切にして事件に向き合い、取り組むことで、みなさまのお力になりたいと思います。

私たちにおまかせください。お役に立ちます。

 
弁護士選びは、結果を大きく左右します。あきらめる前に、あなたができること 弁護士 古川 拓からのメッセージ
 

主な公益活動・取扱い事件のご紹介

●過労死、過労自殺、労災事件 多数 (全国の事件を対象に活動・受任)
●JR福知山線脱線事故被害者弁護団 (ご遺族・負傷者の支援活動)
●INAXメンテナンス事件弁護団 (労働組合法上の労働者性を問う事件)
 〈最高裁第三小法廷平成23年4月12日判決・判例時報2114号3頁〉
●西武鉄道事件 (有価証券報告書虚偽記載に基づく損害賠償請求、個人投資家(株主)集団訴訟、弁護団 事務局長)
 〈最高裁第三小法廷平成23年9月13日判決・判例時報2134号35頁〉
●関西建設アスベスト訴訟弁護団 (石綿・アスベストの労災被害者による損害賠償請求事件)

 

著書のご案内

●「労災事件救済の手引 -労災保険・損害賠償請求の実務- [第2版]」 (2018)
  青林書院
●「労災事件救済の手引 -労災保険・損害賠償請求の実務-」 (2017)
  青林書院
●「働く人のためのブラック企業被害対策Q&A 知っておきたい66の法律知識」 (2013)
  弁護士会館ブックセンター出版部LABO (共著・「労災保険」「過労死」の項を担当)

 

寄稿等掲載記事のご紹介

●平成31年4月26日(2019)
  NHK NEWS WEBに担当した事案についてのコメント掲載 「実際の残業は2倍『固定残業代で労災給付算定は違法』東京地裁」
●平成30年12月13日(2018)
  NHK NEWS WEBに担当した事案についてのコメント掲載 「過労自殺で夫亡くした女性が講演」
●平成30年11月23日(2018)
  毎日新聞に担当した事案についての記事掲載 「保育所プール死亡 監視の不備認める 元保育士、両親前で初証言 地裁 /京都」
●平成30年11月22日(2018)
  NHK NEWS WEBに担当した事案についての記事掲載 「プール事故死 『保育所に責任』」
●平成29年12月30日(2017)
  京都新聞コメント掲載 「過労死ゼロ、道半ば 防止法施行3年、長時間労働まだ多く」
●平成29年4月28日(2017)
  毎日新聞に担当した事案についての記事掲載 「パワハラと過労 土佐市の女性自殺で、遺族が会社を訴え /高知」
●平成28年12月15日(2016)
  NHK NEWS WEBに担当した事案についての記事掲載 「長時間労働で労災認める判決」
●平成28年12月3日(2016)
  NHK 関西 NEWS WEBコメント掲載 「高校で過労死を教える授業」
●平成27年9月28日(2015)
  Yahoo!ニュースコメント掲載 「『固定残業代が悪用されている』 長時間労働で『うつ状態』の元飲食店従業員が提訴」
●平成27年9月18日(2015)
  京都新聞に担当した事案についての記事掲載 「社長パワハラや長時間労働でうつ発症、認定 京都地裁」
●平成27年9月15日(2015)
  産経新聞コメント掲載 「『指示なければ事故に遭っていないはず』 …宮大工の遺族、労災認定求め提訴へ-大阪地裁」
●平成27年7月29日(2015)
  Yahoo!ニュースコメント掲載 「多発する外国人技能実習生の『労災事故』 行きすぎたコストカット追求が影響?」
●平成27年6月24日(2015)
  京都新聞コメント掲載 「過労死防止へ連絡会が本格始動 京都の遺族や弁護士」
●平成27年1月21日(2015)
  日刊ゲンダイコメント掲載 「安倍自民がリベンジ『残業代ゼロ法案』で過労死が激増する」
●平成26年12月20日(2014)
  週刊ダイヤモンド(12月20日号) -特集「労基署がやってくる!」-
  「頼れる労働者側弁護士20人」の1人に選ばれ、リストに氏名・事務所名掲載
●平成26年10月10日(2014)
  週刊ダイヤモンド(10月11日号)にコメント掲載
  「サラリーマンの法律入門」(眼精疲労と労災について)
  「サラリーマンの日常のお悩みに敏腕弁護士がズバッと答えます」(熱中症と労災について)
●平成26年6月11日(2014)
  産経新聞にコメント掲載 「熱中症での死亡事故 部活・職場でも発生『管理者側は、適切な予防措置を』」
●平成26年4月21日(2014)
  朝日新聞「司法Voice」に寄稿掲載 「労働者使いつぶし 許さぬ」

▲ページTOPへ
 


代表 弁護士  片田 真志   Masashi Katada


【経歴】   代表 弁護士 片田 真志
昭和54年(1979)

平成16年(2004)

平成20年(2008)

平成23年(2011)
平成26年(2014)
大阪市生まれ
茨木高校、京都大学法学部 卒業
裁判官 任官、大阪地方裁判所に着任
民事通常部、医療事件集中部、民事保全部にて執務
横浜家庭裁判所・地方裁判所小田原支部に異動
刑事部にて執務の傍ら、少年審判、民事保全、破産、民事執行事件を担当
神戸地方裁判所に異動、刑事部にて執務
裁判官 退官、弁護士登録 (登録番号 50077)
弁護士法人 古川・片田総合法律事務所 設立、代表に就任

弁護士からの一言

裁判官であった頃からいつも感じていたことですが、労災に関する裁判(訴訟)に限らず、ご本人や弁護士が重要だと考えているポイントが、裁判官の考え方や重視するポイントとは異なっている、といったケースが往々にしてあります。

そのような、裁判官の視点を意識しない裁判(訴訟)活動は、労災認定を求める行政訴訟や、会社・企業などに対する損害賠償請求訴訟において、望まぬ結果を招きかねません。

裁判官が説得されるポイントは何か、残された証拠が少なくても裁判官が救済を決断するのはどういう場合か、裁判官としての視点を踏まえて、ご本人やご家族により良い結果をもたらすことができるよう、全力で取り組むことをお約束いたします。

私たちにおまかせください。お役に立ちます。

▲ページTOPへ
 


弁護士  日野田 彰子   Akiko Hinoda

【経歴】  
昭和57年(1982)


平成20年(2008)
平成22年(2010)
平成24年(2012)
平成28年(2016)
岐阜県土岐市生まれ
神戸女学院高等学部、京都大学法学部 卒業
京都大学法科大学院 修了
弁護士 登録 (登録番号 38395)
大阪市北区の上場(東証一部)株式会社 入社、企業内弁護士として勤務
京都市内の法律事務所にて勤務
弁護士法人 古川・片田総合法律事務所 入所
【所属】  
過労死弁護団全国連絡会議 所属
   
   

弁護士からの一言

これまで、過労死・過労自殺の事件をはじめ、働く人たちの命と健康の問題に携わってまいりました。

また、一時期、企業内弁護士として、弁護士であると同時に組織内の一員という立場から法的課題や紛争等を見つめ、検討し、判断し、解決する業務も経験してまいりました。

その間の経験は、労災の問題について会社・企業がどのような発想で対処してくるかを分析・検討するうえで、私にとって大きな糧となっております。

お客様お一人お一人に寄り添う気持ちを大切にし、抱えていらっしゃる「不安」を必ずや「安心」に変えられるよう、誠心誠意取り組ませていただきます。

私たちにおまかせください。お役に立ちます。

▲ページTOPへ
 


弁護士  三上 侑貴   Yuki Mikami

さ【経歴】  
昭和60年(1985)


平成23年(2011)

平成26年(2014)
青森県黒石市生まれ
弘前高校、京都大学法学部 卒業
京都大学法科大学院 修了
弁護士 登録 (登録番号 44974)
らくさい法律事務所 (現 らくさい桂 事務所) 入所
弁護士法人 古川・片田総合法律事務所 所属
【所属】  
過労死弁護団全国連絡会議 所属
   
   

弁護士からの一言

弁護士になって以来、離婚等の男女問題のほか、風営法、セクシャルマイノリティの問題等、日々変動する社会で生まれる「新しい問題」に、積極的に取り組んでまいりました。

みなさまが不安で立ち止まっていらっしゃるときに、一歩を踏み出すためのお役に立ちたいと思います。

まずは、私にお話をお聞かせください。

▲ページTOPへ
 


 

対応可能な労働局・労働基準監督署

【北海道】
北海道労働局 / 労働基準監督署(札幌中央 / 札幌東 / 函館 / 小樽 / 岩見沢 / 旭川 / 帯広 / 滝川 / 北見 / 室蘭 / 苫小牧 / 釧路 / 名寄 / 留萌 / 稚内 / 浦河 / 小樽署倶知安支署)
【青森県】
青森労働局 / 労働基準監督署(青森 / 弘前 / 八戸 / 五所川原 / 十和田 / むつ)
【岩手県】
岩手労働局 / 労働基準監督署(盛岡 / 宮古 / 釜石 / 花巻 / 一関 / 大船渡 / 二戸)
【宮城県】
宮城労働局 / 労働基準監督署(仙台 / 石巻 / 石巻 気仙沼臨時窓口 / 古川 / 大河原 / 瀬峰)
【秋田県】
秋田労働局 / 労働基準監督署(秋田 / 能代 / 大館 / 横手 / 大曲 / 本荘)
【山形県】
山形労働局 / 労働基準監督署(山形 / 米沢 / 庄内 / 新庄 / 村山)
【福島県】
福島労働局 / 労働基準監督署(福島 / 郡山 / いわき / 会津 / 須賀川 / 会津(喜多方支署) / 白河 / 会津署喜多方支署 / 相馬 / 富岡)
【茨城県】
茨城労働局 / 労働基準監督署(水戸 / 日立 / 土浦 / 筑西 / 古河 / 常総 / 龍ヶ崎 / 鹿嶋)
【栃木県】
栃木労働局 / 労働基準監督署(宇都宮 / 足利 / 栃木 / 鹿沼 / 大田原 / 日光 / 真岡)
【群馬県】
群馬労働局 / 労働基準監督署(高崎 / 前橋 / 前橋伊勢崎分庁舎 / 桐生 / 太田 / 沼田 / 藤岡 / 中之条)
【埼玉県】
埼玉労働局 / 労働基準監督署(さいたま / 川口 / 熊谷 / 川越 / 春日部 / 所沢 / 行田 / 秩父)
【千葉県】
千葉労働局 / 労働基準監督署(千葉 / 船橋 / 柏 / 銚子 / 木更津 / 茂原 / 成田 / 東金)
【東京都】
東京労働局 / 東京労働局(海岸庁舎) / 労働基準監督署(中央 / 上野 / 三田 / 品川 / 大田 / 渋谷 / 新宿 / 池袋 / 王子 / 足立 / 向島 / 亀戸 / 江戸川 / 八王子 / 立川 / 青梅 / 三鷹 / 町田支署)
【神奈川県】
神奈川労働局 / 労働基準監督署(横浜南 / 鶴見 / 川崎南 / 川崎北 / 横須賀 / 横浜北 / 平塚 / 藤沢 / 小田原 / 厚木 / 相模原 / 横浜西)
【新潟県】
新潟労働局 / 労働基準監督署(新潟 / 長岡 / 上越 / 三条 / 新発田 / 新津 / 小出 / 十日町 / 佐渡)
【富山県】
富山労働局 / 労働基準監督署(富山 / 高岡 / 魚津 / 砺波)
【石川県】
石川労働局 / 労働基準監督署(金沢 / 小松 / 七尾 / 穴水)
【福井県】
福井労働局 / 労働基準監督署(福井 / 敦賀 / 武生 / 大野)
【山梨県】
山梨労働局 / 労働基準監督署(甲府 / 都留 / 鰍沢)
【長野県】
長野労働局 / 労働基準監督署(長野 / 松本 / 岡谷 / 上田 / 飯田 / 小諸 / 伊那 / 大町)
【岐阜県】
岐阜労働局 / 労働基準監督署(岐阜 / 大垣 / 高山 / 多治見 / 関 / 恵那 / 岐阜八幡)
【静岡県】
静岡労働局 / 労働基準監督署(浜松 / 静岡 / 沼津 / 三島 / 富士 / 磐田 / 島田)
【愛知県】
愛知労働局 / 労働基準監督署(名古屋北 / 名古屋南 / 名古屋東 / 名古屋西 / 豊橋 / 岡崎 / 一宮 / 半田 / 刈谷 / 豊田 / 瀬戸 / 津島 / 江南 / 西尾支署)
【三重県】
三重労働局 / 労働基準監督署(四日市 / 松阪 / 津 / 伊勢 / 伊賀 / 熊野)
【滋賀県】
滋賀労働局 / 労働基準監督署(大津 / 彦根 / 東近江)
【京都府】
京都労働局 / 労働基準監督署(京都上 / 京都下 / 京都南 / 福知山 / 舞鶴 / 丹後 / 園部)
【大阪府】
大阪労働局 / 労働基準監督署(大阪中央 / 大阪南 / 天満 / 大阪西 / 西野田 / 淀川 / 東大阪 / 岸和田 / 堺 / 羽曳野 / 北大阪 / 泉大津 / 茨木)
【兵庫県】
兵庫労働局 / 労働基準監督署(神戸東 / 神戸西 / 尼崎 / 姫路 / 伊丹 / 西宮 / 加古川 / 西脇 / 但馬 / 相生 / 淡路)
【奈良県】
奈良労働局 / 労働基準監督署(奈良 / 葛城 / 桜井 / 大淀)
【和歌山県】
和歌山労働局 / 労働基準監督署(和歌山 / 御坊 / 橋本 / 田辺 / 新宮)
【鳥取県】
鳥取労働局 / 労働基準監督署(鳥取 / 米子 / 倉吉)
【島根県】
島根労働局 / 労働基準監督署(松江 / 出雲 / 浜田 / 益田)
【岡山県】
岡山労働局 / 労働基準監督署(岡山 / 倉敷 / 津山 / 笠岡 / 和気 / 新見)
【広島県】
広島労働局 / 労働基準監督署(広島中央 / 呉 / 福山 / 三原 / 尾道 / 三次 / 広島北 / 廿日市)
【山口県】
山口労働局 / 労働基準監督署(下関 / 宇部 / 徳山 / 下松 / 岩国 / 山口 / 萩)
【徳島県】
徳島労働局 / 労働基準監督署(徳島 / 鳴門 / 三好 / 阿南)
【香川県】
香川労働局 / 労働基準監督署(高松 / 丸亀 / 坂出 / 観音寺 / 東かがわ)
【愛媛県】
愛媛労働局 / 労働基準監督署(松山 / 新居浜 / 今治 / 八幡浜 / 宇和島)
【高知県】
高知労働局 / 労働基準監督署(高知 / 須崎 / 四万十 / 安芸)
【福岡県】
福岡労働局 / 労働基準監督署(福岡中央 / 大牟田 / 久留米 / 飯塚 / 北九州西 / 北九州東 / 門司支署 / 田川 / 直方 / 行橋 / 八女 / 福岡東)
【佐賀県】
佐賀労働局 / 労働基準監督署(佐賀 / 唐津 / 武雄 /伊万里)
【長崎県】
長崎労働局 / 労働基準監督署(長崎 / 佐世保 / 江迎 / 島原 / 諫早 / 対馬)
【熊本県】
熊本労働局 / 労働基準監督署(熊本 / 八代 / 玉名 / 人吉 / 天草 / 菊池)
【大分県】
大分労働局 / 労働基準監督署(大分 / 中津 / 佐伯 / 日田 / 豊後大野)
【宮崎県】
大分労働局 / 労働基準監督署(宮崎 / 延岡 / 都城 / 日南)
【鹿児島県】
鹿児島労働局 / 労働基準監督署(鹿児島 / 川内 / 鹿屋 / 加治木 / 名瀬)
【沖縄県】
沖縄労働局 / 労働基準監督署(那覇 / 沖縄 / 名護 / 宮古 / 八重山)
 
 

お問い合わせ

お客様にとって最良の解決方法を、自信を持ってご提案いたします。
私たちにおまかせください。 お役に立ちます。
 
どうぞお気軽に、右記 フリーダイヤル にて、当事務所までお問い合わせください。
【営業時間】 平日 9:00~18:00
※土日祝・営業時間外も、必要に応じて対応いたします。